摂取する時は注意しよう

酵素

カロリーの取り過ぎに注意しましょう

酵素はサプリやドリンクで摂取した方が良いとされますが、摂取のしすぎは身体に毒で副作用をもたらす危険性があるので適正量を守るようにしてください。食事とともに酵素を摂取するときは、なるべく食事と置き換えて摂取をするようにしましょう。

酵素と相性の良い成分がある

人間の身体に十分な酵素があれば正常に身体が機能してくれますが、酵素が不十分だった場合身体に良い栄養素を摂取しても身体に吸収できず最大限の力を発揮することができなくなります。ビタミンやミネラルを摂取するときは酵素も摂取して身体の機能を整えましょう。

熱で分解されるので注意

酵素は熱に弱い性質を持っているので、食事で酵素を摂取したいときは加熱処理をしないようにしてください。50度以上で加熱をすると酵素が分解されてその食品から酵素が失われると言われています。加熱処理が必要な食品であれば酵素サプリメントを活用しましょう。

血液をサラサラにする役割がある

身体にある酵素が不足するとデンプンを分解することができなくなり、身体全体の血液の流れが悪くなり血液がドロドロになってしまいます。酵素を摂取すればそれだけ身体の働きがスムーズになるので血液をサラサラにして血流促進をすることができるでしょう。

人によっては調子が悪くなる

酵素を摂取しすぎると身体の調子が悪くなり、過剰に吸収された酵素を体外へ出そうと下痢を引き起こす可能性があります。身体に悪影響が出ることは酵素の飲み過ぎが原因の可能性が大きいので、身体に不調が出たときはすぐに酵素の健康補助食品の摂取をやめましょう。